BUSINESS 事業紹介

事業紹介

 私たちの仕事は、主に化学品および化学品の原料をメーカーに納めることです。お客様は国内だけに留まらず、海外にもいらっしゃいます。我々が取り扱う商品群は非常に幅広いため、同一業界にあっても様々なお客様とお取引させていただいています。これは、専門商社ならではの特徴と言えるでしょう。

 私が取り扱っている主な商品は、接着剤です。使用
用途は自動車や家電、紙、フィルム等々、多岐にわた
ります。だからこそ、接着剤が使われるそれぞれの場
面をしっかりイメージした上で、お客様のニーズをお
聞きして、提案する営業を意識しています。


 先の震災時では、被災した化学品メーカーも多く、化学品の入手が困難であった時期がありました。そして震災数日後、ある会社の経営陣より、いつもは他社から購入している接着剤を入手することができず生産がストップしてしまう為、「助けてほしい」との話がありました。その会社へは、価格改定交渉のため伺ったのですが、このような深刻な状況下、三井物産ケミカルを頼っていただいた思いを何とか要望にお応えできる形で提供したい、専門商社の我々にしかできないことをしたいという思いから、全力で対応にあたりました。どのような物が不足しているかを細かく調査し、確認を行った上で、関係各所に連絡を取りながら対応することで、どうにか生産のストップを最小限に食い止めることができました。こういった一連の作業は、三井物産グループの情報網を活かし、専門商社としての強みを発揮しなければ実現できなかったのではないかと思います。

事業紹介

 仕事を進める際には、お客様と深い関係を築くよう心がけています。それにより、お客様の持つニーズとメーカーが持つシーズを具体的に理解し、それがひとつのお客様だけのものなのか、日本全体、あるいは世界全体の需要なのかを見極めた上で仕事にあたっています。


 既存のお客様に対する深堀りは重要ですが、それだけでは仕事の広がりに限界が出てきてしまいますので、新しいお客様の発掘にも日々努めています。新規開拓の際には、そのお客様が実際に使っているもの、本当に求めているものが何か自分なりに精査し、情報収集を行った上で、お客様へアプローチしています。


 入社以来、多くのお客様との出会いがありましたが、既存のお客様、新規のお客様、どちらにも積極的に働きかけることを意識して、自分自身の仕事の幅を広げるよう日々努めています。社員が自分自身の仕事の幅を広げ、社内での評価を高めていくことが、日本、あるいは世界における化学品専門商社としての価値を高めていくことに繋がると信じています。

事業紹介

 私たちは物づくりをするわけではなく、お客様のニーズとメーカーが持つシーズにアレンジを加え、各々に満足していただけるような価値を創り出すことが求められています。その中でその創造価値が日常生活の目に見える製品として生まれ、また様々な形へと変わっていくことが、私にとっての仕事のやりがいです。やはり、自分が携わったものが世の中に出ることは大きな喜びでもあり、モチベーションアップにつながるものです。


 入社前は、学生時代に学んだ化学の知識を、仕事に活かせるだろうと考えていました。しかし、実際には化学の知識よりも人間力や情報力が大事であると入社後まもなく気付きました。また、今後世界を相手に仕事をするには、語学力も必要不可欠となるでしょう。


 この仕事は、求められる要素がたくさんあり苦労も多いですが、それはつまり自分の力が試され、自分次第でいかようにも変えることができると言えます。そのような環境の下、自分の提案が形となる喜びや、やりがいを原動力に、自分自身を磨き続けていきたい。そして、お客様、社会に貢献できる仕事として一層磨き上げていけるよう、努めています。

事業紹介

 現在、私たちは化学品専門商社として、より高い専門性を求められていますが、特定の社員だけが特定の専門的な知識を有していれば良いというわけではありません。営業のみならず、社員全体、会社全体でそれぞれの専門性を高めていくことが重要です。

 会社が変化を求められ、同時に変化過程の中にあっては、求められる人材像も変わってきています。世界を相手に仕事をするには、当然のことながら、化学関連の知識だけでなく、語学力も必要でしょう。

 しかし、これから入社してくる人たちに何より求められるものは、コミュニケーション能力だと思います。私たちの仕事は、"人"あってのものです。いかに機転を利かせて柔軟に動き、トライしていけるか。お客様のために、何でもやろうという姿勢が持てるか。それによりお客様に喜んでもらうことができ、コミュニケーションが深まり、自分のやりがいへと繋がっていきます。お客様とのコミュニケーションを楽しみながら仕事がしたいと思う方に、ぜひ入社してもらいたいです。

PREVIOUS
HOME
NEXT
back to pagetop