キーワードで見る
三井物産ケミカル

Keywords

三井物産ケミカルという企業のことや働く環境などについてさまざまなキーワードや数字でご紹介します。

会社について

About Company

経営理念

“正しいことを楽しく”

MORE

設立年数

27

MORE

グループネットワーク

472

MORE

取引企業数(お客様、仕入先)

2,400

MORE

取引国数

44カ国

MORE

ホットワード

“顧客先導主義”

MORE

社員について

About Person

男女比率

男性58%
女性42%
MORE

文理比率

文系69%
理系31%
MORE

平均残業時間

12時間/月

MORE

産休・育休取得率

100%

MORE

時短勤務制度

子どもが
小学校6年生まで利用可

MORE

経営理念

“正しいことを楽しく”

社会が抱える課題を、化学品で出来る「こと」を通して解決するのが私たちの使命。「正しいことを楽しく」とは自分の心にも嘘を付かず、他人からも後ろ指を指されることのない様に物事を楽しく行う、と言う意味ですが、その正直さを貫くことで、多くの味方をつくり、仕事の成果にも繋がると考えています。

設立年数

27

1991年に三井物産の化学品部門より分社。その後も合併を重ねて取り扱い品目を増やし、2009年に三井物産ケミカルとして新たにスタートしました。まだまだ成長過程にある会社です。

グループネットワーク

472

日本を代表する総合商社である三井物産のグローバルネットワークは、世界66か国、136拠点、関連会社472社あります。その「アセット・リソース・ネットワーク」 をフルに活用し、専門商社としての専門性やスピード感、これまでのビジネスで培ったノウハウを駆使し、グローバルにビジネスを展開しています。

取引企業数(お客様、仕入先)

2,400

仕入先1200社、販売先は1200社と、取引企業数は総数で2400社もの数に上ります。国内外の有数メーカーとの大規模かつグローバルな取引を行い、売上高は1500億円を越えています。

取引国数

44カ国

化学品は衣食住の全てに深く関わり、先進国、発展途上国を問わず世界中で必要とされています。当社の輸出入並びに三国間貿易における取引国は、全世界で44か国あり、アジア圏はもとより、北南米、欧州、中東諸国まで幅広い国々との取引を行っています。

ホットワード

“顧客先導主義”

お客さまのニーズを拾う従来の顧客密着スタイルにとどまらず、新しいビジネスにつながるよう顧客先導するのがこれからの商社の役目。時代に合わせて新しい価値を生み出す存在を目指します。

男女比率

男性58%
女性42%

社内における男女の比率はあまり差がありません。年齢構成も20代から50代まではすべて20%台の構成比率となっており、各年代の構成バランスが保たれているのも大きな特徴です。

文理比率

文系69%
理系31%

化学品の専門商社ではありますが、文系の人材も多数。どのような分野出身の人でも活躍できるフィールドがあります。教育・研修制度も充実しており、化学品の知識や貿易実務、語学力等は入社してからでも身につけられるサポート体制が整っています。

平均残業時間

12時間/月

激務のイメージのある商社ですが、全社における残業時間は決して多くはありません。有給休暇取得率も約7割程度で、効率的かつメリハリをつけ業務を行っているので、余暇にも十分時間を割くことが可能です。

産休・育休取得率

100%

産休・育休はフルで取得でき、女性の取得率は100%と高い数字を維持しています。時短勤務制度も整っており、子育て世代の女性でも安心して長く働き続けられる会社です。

時短勤務制度

子どもが
小学校6年生まで利用可

子どもが小学6年生まで時短勤務できる制度があります。産休・育休も含めると、長期に渡って仕事と子育てにじっくりと向き合うことができます。その他、看護休暇制度や、時間単位で取得できる有給休暇制度もあり、子育てをしながらもフレキシブルに働くことが出来ます。